複数の事業を展開されている方へ | 大阪でデザイン名刺作成を手掛けるiplusのお役立ちコラム

名刺デザインはiplus

複数の事業を展開されている方へ

column

複数の事業を展開されている方へ

2017.08.24

複数の事業を展開されている方へ

複数の事業を展開してる場合

ターゲットを絞る際に、複数の事業を展開していると、それぞれでターゲットが異なってくる場合があります。

例えば、弊社のように経営コンサルティングや人材紹介、M&AなどWEB事業以外のビジネスも複数展開していてターゲットが異なるという場合です。

名刺という手のひらに収まる紙面サイズの中でアピールできる内容は限られており、 そうした場合「名刺の中に盛り込むターゲットを絞り込めない!」という悩みが出てきます。

まさしく、弊社も当初はそんな悩みを抱えていました。

そうした場合は、事業別、事業部別といった感じで異なる名刺を作ると効果的です。

ターゲットが異なれば、アピールすべき内容も変わってくるのは当たり前のこと。

すべての内容を盛り込もうとすると、どっちつかずの中途半端な内容になってしまう危険性があります。

単に綺麗なデザインの名刺というだけでは反応はあまり期待できません。

ともすれば、何だかいろんな事に手を出して中途半端なことなっている場合や、「本当に実力あるのか?」といったマイナス方向の疑念を相手が抱く可能性さえあります。

関連性の強い事業で分けて、対象となる人に価値が伝わるようにすることが大切です。

場合によっては1人で数種類の名刺を作って、相手によって渡す名刺を変えたっていいわけです。

弊社の場合は、コンサルティングや人材紹介を主に手掛けている社長とWEB事業部の私とで内容が全然異なるものの、全体のデザインは統一感のあるものになっています。

名刺も一旦作ったら後は増刷するだけというのではなく、定期的に見直していくことが大切です。

ホームページもそうですが、常に見直しと改善をしていくことが成果へと繋がっていくと思っています。

一覧に戻る

pagetop