強弱を意識したデザイン | 大阪でデザイン名刺作成を手掛けるiplusのお役立ちコラム

大阪のデザインiplus

コラム詳細

お問合せ・お見積り

強弱を意識したデザイン

2017.12.26

強弱を意識したデザイン

「かおなし」強弱の無い名刺を社内ではそう呼んでいます。

デザインにおいての強弱はもっとも大切な物の一つです。強弱がないと、もはやデザイン名刺・ブランディング名刺とは呼べません。

何を目立たせたいか、何を一番に見てほしいのか、優先度を明確にし強弱をつけて作成していきます。

 

ブランディング名刺は相手に、自身が何を使ってどんなビジネスを行っているのか、どんな結果・効果をもたらしてくれるかを、あの手のひらサイズの小さな紙面上で表現しなければなりません。

なので、よりこの強弱を明確にし、狭いスペースの中で「読みやすい・読んでほしいところに自然と目が行く」これをデザインで叶えるのが、大阪のiplus..です。

 

この強弱ですが、様々な方法でつけることができます。

「フォントサイズ」「フォントの太さ」「色による強弱」などでメリハリをつけていく事が基本となります。

共通して大切なことは、大胆に!思い切って!!強弱をつけるということです。

中途半端な強弱は読み手に伝わりにくく、どの要素が目立っているわけでもなくなるので、目線が泳ぎ結果読みにくい名刺となります。

 

フォントサイズ・太さは大胆に本文との差をつけることで、強弱をつけれますが、色の強弱はセンスや経験が問われます。

この色の組み合わせや、相性のいい色などは、また後日のコラムにて執筆いたします。

 

大阪の中央区にオフィスを構える名刺デザイン・作成のiplus..では、「ただオシャレな名刺」ではなく、「入れたい情報がすべて入っただけの名刺」でもなく、「魅せる・価値が伝わるブランディング名刺」を作成いたします。

一覧に戻る

pagetop